歯科

料金比較|ホワイトニングでキラリ輝く歯を手に入れよう

できるだけ安く行う方法

歯医者

歯を白くしたいという人にとって魅力的なのがホワイトニングですが、保険適用ではないため料金が気にかかりがちです。保険適用ではないことからクリニックごとに料金が違うため、クリニックを比較することで最安値で受けられます。今後は価格競争も進んで高品質のホワイトニングが安価に受けられるようになるでしょう。

View Detail

歯科で歯を白くする

男女

歯科に通って歯を白くしたいときにはクリーニングに通う方法もありますが、オフィスホワイトニングであれば一回ではっきりと歯が白くできます。漂白剤とレーザーによって行うのが特徴であり、医師の技術やレーザー設備によって効果と料金が変わるのが特徴です。

View Detail

人気の治療と費用対効果

女性

ホワイトニング治療の人気は確実性が高くて非侵襲性であることが理由です。それに加えてクラウンをかぶせるよりも料金が安く、歯を好みの白さにできるのもメリットです。保険治療ではないことから歯科が独自に料金設定をできることには注意が必要であり、費用対効果を考えつことが大切です。

View Detail

すぐに白くできる点が魅力

インプラント

即効性が魅力

歯医者で処置するオフィスホワイトニングの特徴はその即効性です。一回目の処置ですぐに白くすることが可能なのです。料金は時間をかけて少しずつ白くする通常のホワイトニングと異なり高く、50000円程度の料金がかかります。しかし即効性と通う回数のことを考慮すると安くなっています。白い歯は憧れです。そのためホワイトニングする人が増加しています。しかし白くすることができても注意事項を守らないと歯の色はすぐに戻ってしまいます。そのため歯医者で処置する場合にも自宅で処置する場合にも一定の注意事項を守る必要があります。ホワイトニングをした直後の飲食を控えること、そして期間中は着色料の含まれた食品を避けることなどです。

白く保つ努力も必要

ホワイトニングの注意事項を守らないとオフィスホワイトニングのような即効性のある通う回数の少ない処置方法でも余計な料金がかかってしまいます。3回程度で処置は通常すみますがこの回数が多くなってしまうのです。そのため歯医者で言われた注意事項をきちんと守ることが大事なのです。料金は自宅で行うホワイトニングよりは高めですが、歯医者で処置を行うため、安心感があります。しかし即効性の半面持続性は長くても半年程度です。そのため半年ごとにホワイトンイングしなおす必要があるため、長期的コストを考えると自宅で行うほうがベストです。自宅で行うホワイトニングは約2年の持続性があります。また歯磨きなど白い歯を保つための努力も必要なのです。